ネタが無かったので久々の投稿です。

今回はメンテナンスネタですね。


先日、走行中にクラッチに違和感を覚えたのでケーブルをチェックしてみると!?

切れそうになってました!!




こちらは交換するケーブル。新品はこんなにキレイ!

レバー側ですね。切込みを合わせてワイヤーを通します。

タイコ部分にオイルかグリスを塗りましょう!



クラッチ側です。タイコを引っ掛けます。


次はストッパーに引っ掛けるのですが、レバー側を先に固定すると、
ストッパーにかからなかったので中央のボルトを緩めてから取り付けました。


4500キロくらいしか走っていないのにケーブル交換となりました。

耐久性が低いようです。皆さんもご注意を!

5 Responses so far.

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。
  3. マメタ says:

    自分はybr125 2015年モデル買いました。白です
    今はリアサスとグラブバーを付けたいなっと思ってるんですが、合うかが心配なんです(>_<)
    兵庫住みです

  4. コウ says:

    こんにちは、自分もYBR乗りで3年ぐらい乗っています。
    ワイヤー切れの原因ですが、クラッチレバーにあると思います。色違いで同じレバーを付けていますが、このレバーに交換後、いむごんさんと同じ部分が短期間で2回も切れました。リューターでレバーのワイヤーが通る部分を削るか、他の物に交換することをおすすめします。

  5. こんにちは!
    情報ありがとうございます。レバーのせいですか。。。擦り切れやすくなってるんですね。
    中華クオリティですな。見た目は好きなんですけどねぇ。

Leave a Reply